Skip to main content

Step3.管理画面を使ってみよう

ここでは、管理画面の初歩的な操作を説明します。

デモ動画

ログインする

  1. Hexabaseの管理画面 https://app.hexabase.com/ にアクセス
  2. メールアドレスとパスワードを入力
  3. 「ログイン」ボタンをクリック

管理画面の基本操作を知っておこう

  1. Hexabase の管理画面にログインする
  2. アプリケーション(新しいアプリケーション)を選択する
  3. データベース(新しいデータベース)を選択する

サンプルデータベースを試してみよう

サインアップすると、「新しいアプリケーション」というサンプルアプリが登録済みになっています。先ほどStep2で、ここに「新しいデータベース」を追加しました。

管理画面では、このサンプルデータベースを、次のように操作します。

なお、Hexabase では、データベースに登録したデータレコードを「アイテム」と呼びます。

新規データを登録する

まず、データを登録します。

  1. 「新規登録」ボタンをクリック
  2. 必要な情報を入力
  3. 「保存」ボタンをクリック
  4. 登録したデータレコード(アイテム)が表示される。右上の「×」ボタンで閉じる

データを更新する

登録されたデータを操作します。

  1. 操作したいデータを一覧でクリック
  2. アイテム詳細画面が表示されたら、右側のアクションメニューで必要な操作を選択する(例:内容を更新する)

ステータスを変更する

  1. 操作したいデータを一覧でクリック
  2. 右側のアクションメニューで「次のステータスに進める」を選択する

Hexabase では、データベースに「ステータス」というフィールドがあると簡易ワークフローとして利用できます。

Hexabaseのアプリケーション構成

Hexabase は、次のような機能階層を持っています。Hexabaseでは、「ワークスペース」という領域のなかに、アプリケーションを作成します。ワークスペースには、複数のアプリケーションをまとめることができます。また、ワークスペースごとに、ユーザーやグループを分離できます。

さらに、「アプリケーション」ごとに、データベース・データレポート・ダッシュボードなどの機能をまとめています。

ワークスペースとアプリケーション

Hexabaseのアプリケーションを操作するには、ログイン > ワークスペースの選択 > アプリケーションの選択という手順が必要になります。これは、管理画面・CLIツール・APIで共通です。

関連ページ


次は、TODOサンプルアプリを管理画面に登録してみましょう。アプリケーションの登録は、管理画面からでもできますが、ここではCLIツールを試してみましょう。