データベース

データベースとは#

Hexabase では、「データベース」に業務データを格納します。

「データベース」は、表のようなイメージでデータを表示できます。この「データベース」が RDB のテーブルに相当します。Hexabase は、リレーショナルデータベース(RDB)ではありませんが、独自のデータベース間の関連付けが可能です。

新しいデータベースを作成する#

新規データベースの作成を呼び出す#

  • データベースを作成したいアプリケーションを切り替える
  • 左メニューのデータベースにマウスポインタを合わせて、[ ⁝ ]ボタンをクリック
  • メニューから新しいデータベースを作成するを選択

  • 新規データベースの作成が表示されます

サンプル雛形から作成#

サンプル雛形から作成では、デフォルトのテンプレートからデータベースを作成できます。

  • サンプル雛形から作成をクリック

  • テンプレート(例:TODO 管理サンプル)を選択して、データベースを追加ボタン をクリック

TODO サンプルデータベースが作成されて、TODO サンプル¥が追加されます。

インポートして作成#

外部ファイルのデータを Hexabase に読み込むには、CSV ファイルをインポートします。インポートして作成を利用すると、ウィザード形式でデータをインポートできます。

※インポートに使用できるファイルは、CSV ファイルのみとなります。 ※サンプルファイル:customer.csv

  • 「新規データベースの作成」ページを呼び出したら、「インポートして作成」をクリック

  • インポートするファイルを選択する(例:顧客一覧.csv)
  • ファイルの選択が完了したら、次へボタンをクリック

  • プレビューページで、データを確認して次へボタンをクリック

  • 画面項目設定ページで、取り込むデータの種類を選択する。このとき、かならず必ず1つは「テキスト」型のフィールドを設定する。 例)
    • 「name_1」で、テキスト型を選択。
    • タイトルに利用チェックボックスをオン。
  • 次へボタンをクリック

  • レイアウト設定ページで、項目の位置をドラッグ&ドロップで変更する。レイアウトを設定したら、次へボタンをクリック

  • 確認ページで、インポート開始ボタンをクリック

これで、データベースにデータをインポートできました

外部サービスから取り込む#

外部サービスのデータを Hexabase に読み込むには、外部サービスから取り込むを選択します。

※外部サービスのアカウントが必要です。

  • 新規データベースの作成ページを呼び出したら、外部サービスから取り込むをクリック

  • 外部サービスから取り込みたいデータを選択する(例:Google スプレッドシート)
  • シートを選択ページが表示されたら、シートと範囲を指定して、次へボタンをクリック

  • プレビューページで、データを確認して次へボタンをクリック
  • 画面項目設定ページで、取り込むデータの種類を選択して、 次へボタンをクリック
  • レイアウト設定ページで、項目の位置をドラッグ&ドロップで変更する。レイアウトを設定したら、次へボタンをクリック
  • 確認ページで、インポート開始ボタンをクリック

これで、データベースにデータをインポートできました

データベースを切り替える#

作成したデータベースは、左メニューにあるデータベースで切り替えできます。

データベースを設定する#

  • 設定したいデータベースにマウスポインタを合わせて、[ ⁝ ]ボタンをクリック
  • メニューから、設定を選択する

これで、データベースの設定ページが表示されます。このページには「基本設定」「権限の設定」「データリンクキーの設定」「データベース関連の設定」「メール取込の設定」タブがあります。

基本設定タブ#

データベースに対する、基本的な設定をおこないます。

  • データベース名
  • データベース ID
  • 左メニューに表示する
  • 外部サービス同期を使用する
  • グリッド入力を利用する
  • ボードビューを利用する
  • ステータスの直接編集を許可する

権限の設定タブ#

このデータベースを利用できるロールを指定します。選択したロールを持つユーザーがこのデータベースを利用できます。

データリンクキーの設定タブ#

データベース間のリレーションを設定するため、キーとなるフィールドを設定します。 詳細は、データベースの関連付けを参照してください。

データベース関連の設定タブ#

データリンクキーを利用して、データベース間のリレーションを設定します。 詳細は、データベースの関連付けを参照してください。

メール取込の設定タブ#

メールで受信した内容をデータベースに取り込みます。

エクスポートとインポート#

エクスポートする#

データベースのデータは、CSVファイルとしてダウンロードできます。

これには、新規登録ボタンのとなりにある「CSVダウンロード」をクリックします。

インポートする#

データベースのデータに、CSVファイルをアップロードできます。

この機能を利用するには、あらかじめ「データベース設定」 > 「基本設定」で「CSVファイルのインポートを使用する」をオンにしておきます。

CSVファイルをアップロードするには、次の手順で操作します。

  1. 新規登録ボタンのとなりにある「CSVアップロード」をクリック

  1. 「アップデート用CSVをダウンロード」をクリックして、アップロード用ファイルを入手する
  2. アップロード用にCSVファイルを用意する
  3. ドラッグ&ドロップ
  4. 「CSVアップロード」をクリック

データベースを削除する#

  • 設定したいデータベースにマウスポインタを合わせて、[ ⁝ ]ボタンをクリック
  • メニューから、データベースの削除を選択する