CLIでテンプレートファイルをインポート・エクスポートする

Hexabase CLI(Command Line Interface) では、アプリケーション(プロジェクト)をテンプレートファイルとしてインポート・エクスポートできます。

アプリケーションテンプレートは、あらかじめアプリケーションで保存しておく必要があります。

テンプレートファイルをエクスポートする#

テンプレートファイルを出力します。

API#

hx projects:backup [TEMPLATE_ID]

USAGE#

$ hx projects:backup [TEMPLATE_ID]

ARGUMENTS#

TEMPLATE_ID には、hexabase の template_id を指定します。

TEMPLATE_ID を省略すると、ダウンロードするテンプレートをメニューで選択できます。

OPTIONS#

-c, --context=context use provided context instead of currently set context
-h, --help show CLI help
-o, --output=output output file

See code: src/commands/projects/backup.ts

テンプレートファイルをインポートする#

テンプレートファイルから、アプリケーション(プロジェクト)を復旧します

ファイルには、hx projects:backup [TEMPLATE_ID] でエクスポートしたものを使用します。

API#

hx projects:restore FILE

USAGE#

$ hx projects:restore FILE

ARGUMENTS#

FILE zip file to be restored from, e.g. template.zip

OPTIONS#

-c, --context=context use provided context instead of currently set context
-h, --help show CLI help
-n, --name=name name of the project to be restored
-y, --yes skip confirmation

See code: src/commands/projects/restore.ts