Skip to main content

運用・ログ・データ移行

データのインポート・エクスポートは、どのように行いますか?

A. データのインポート・エクスポートは、3つの方法があります。

1つは、管理画面でデータベースをインポート・エクスポートする方法です。

2つ目は、APIを利用してすべてのデータを取得・更新する方法です。データの取得は、GetReportData APIを利用します。データの更新は、ImportItems APIを利用します。

3つ目は、CLIツールを利用してアプリケーション(Project)ごとバックアップする方法です。次のコマンドでプロジェクトをバックアップできます。

$> hx projects:backup

バックアップしたアプリケーション(Project)をリストアするには次のコマンドを実行します。

$> hx projects:restore

運用ログを閲覧できますか?

A. Hexabaseでは、アイテムに対するすべての作業ログを「履歴」として記録しています。履歴は、アイテム詳細画面の「履歴」タブで確認できます。

運用ログを取得できますか?

A. アイテムに対する操作履歴は、GetItemHistories APIおよびGetItemHistoriesOld APIで取得できます。

またGlobalSearch APIは、履歴情報も全文検索の対象にします。

アクセスするIPアドレスを制限できますか?

A. プランによりIP制限が可能です。詳しくはプラン・価格をご覧ください。

利用者が管理画面にアクセスしたとき、アプリケーションの設定変更などを制限しながら、データのメンテナンスだけを許可できますか?

A. アプリケーションでadminロールを外すと、設定ボタンなどは非表示になり、設定変更できなくなります。

その場合でも、アイテムの更新などのアクションは実行できます。

特定の利用者が管理画面にアクセスすることを制限できますか?

A. はい、可能です。

管理画面の「ワークスぺ―ス設定 > グループ設定」で「HexabaseUIアクセスを無効にする」をオンにすると、指定したグループに属するユーザーが管理画面にアクセスできなくできます。

ただし、最上位のワークスペースグループは「HexabaseUIアクセスを無効にする」をオンにできません。

管理画面を独自に開発できますか?

A. 提供しているAPIの範囲で実装可能です。

Hexabaseでは、サーバー負荷に対するチューニングをどのように行いますか?

A. チューニングは、Hexabaseが実施します。利用者や開発者が、サーバー負荷に対してチューニングする必要はありません。